『黒竜江から来た警部』読書会レポート

9月11日に文京シビックセンター・会議室にて、『黒竜江から来た警部』の読書会がありました。
どんな会だったのかレポートを、というリクエストをいただきましたので、僭越ながら雰囲気だけでもなんとかお伝えできればと思います

読書会には三十名ほどの方々がご参加されました。ほとんどが女性です
まずはひとりずつランダムに指名され、それぞれ感想を述べるというスリリングな形式で進行しました。

「スピード感がある」というコメントが多かった一方で、「なかなか進まなくて、まどろっこしかった」というご意見があったり、「ちょっと中国人を見下しているのでは」という印象をお持ちの方もいれば、「見下しているとは思わなかった、著者が中国のことを良く理解して描いているのが伝わってきた」という反論もあり。
「父と娘の関係をもっと深く描いて欲しかった」
「上海の警部がロンドンに娘を捜しに行くという設定だったら、ぜんぜん違う展開になっていただろう」
「コミカルな話かと思っていたら、移民の置かれている状況など重いテーマが扱われていて、読んでいてつらくなった」
「章節が短いから読み進めやすい」
「無駄なシーンや視点の切り替えの多さが気になる」
「あれだけ暴れまくって大丈夫なのか」
「車を乗っ取るシーンにジエンの優しさが表れている」
「〃花を摘む〃ってなんのこと?」
 ……などなど、いくつもの思いがけないご意見をうかがうことができて、読書というものの奥深さを再確認しました

ディン・ミンというキャラクターについては、「いらいらした」派と「いじらしい」という擁護派に分かれましたが、わたしは彼の実は図太いところがけっこう好きです。「ああいうタイプの人ほど、しぶとく生き延びるものだ」というご意見には、妙に納得してしまいました

香港映画に詳しい方がいらっしゃったので、映画化するなら誰にやってもらいたいかという話も盛り上がりました。
こういう妄想って何より楽しいですよね
わたしはジエンにはアンソニー・ウォンをイメージしていましたが、サイモン・ヤムがいいというご意見もありました。著者の中ではチョウ・ユンファのようですが。

そのほかにも、各国の文化のあり方の違い、不法就労者の問題、ジエンとディン・ミンの比較、翻訳について、装丁やタイトルの意図、さらには出版翻訳の現況についてなど、さまざまな話題が取り上げられ、あっという間に時間が過ぎました

続編が出たらまた読書会を……という嬉しいお話もありましたが、本当に続編が出るのかどうかは微妙なところです。著者は次の舞台はアフリカにと考えてはいるようですので、気長に待ちたいと思います

幹事の皆様、参加者の皆様、ご感想をくださった皆様に、この場をお借りして心から感謝をお伝え申し上げます。

 チャント(無理してでも絵文字を使いたいお年頃

"『黒竜江から来た警部』読書会レポート" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント