『犯罪』わたしも読んだ~

たった今、読了。

みなさんが褒めていたように、おもしろかった!
リンゴのことは、あらためてまえの記事を読み返すまで気づかなかったけど……

どれもすばらしかったけど、とりわけ気に入った作品は、最後に収録された「エチオピアの男」。
ほんとによかったなとしみじみ思いました。
こういう心地よい読後感の短編はいいものですね。

と、それだけ言いたくて書いちゃいました。
(小林さゆり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

高山
2011年08月25日 09:15
あ、よかった、さゆりちゃんにも気に入ってもらえて。
うんうん、読了直後に語りたくなる短篇集ですよね。

訳者さんはもうすぐ第二短篇集の翻訳に取りかかるそうです。
そしてこの秋、ドイツではシーラッハ氏の第三作(こんどは長篇)が刊行されるとか。激しく読みたいです。
小林さゆり
2011年08月25日 12:33
わあ~、次の短編集も長編もすごく楽しみ!

くどくど書き込まれていないところが気に入ったんだ~。
それなのにツボは押さえているというか。
シンプルなのに洒落ていて、〈ザ・コンランショップ〉の世界のようです。
って、何年も行ってないけど……
高山
2011年08月25日 18:37
コンランショップ、ググってしまいましたよ(笑)。
シーラッハさんからコンランへとつながるセンスがすてき。

そしてこの『犯罪』、早くも四刷りだそうです。こういう本がちゃんと売れるって、なんかうれしい。
小林さゆり
2011年08月28日 21:32
すごい~、四刷り
次の短編集早く読みたいね

この記事へのトラックバック