投票しました

明日締め切りの翻訳ミステリー大賞に、今日投票しました みなさん、もう投票しましたか? 今年は前半、わたしなりにがんばっていろいろ読んだんだけど、秋以降ペースががくんと落ちてしまった。 もっとたくさん読んで、選択肢を広げた上で選べたらいいんだけど…… 来年はもっと読書の時間を作って、たくさん読みたい! …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『13時間前の未来』

これぞエンターテインメント小説! 妻を殺されたばかりで悲嘆に暮れるニックは、謎の男から過去に戻って妻の殺害を阻止するように依頼される。なぜそんな依頼をされたのか、なぜ過去に戻れるのかはわからないが、愛する妻を救えるならそんなことはどうでもいい――というわけで、ニックは妻を守るべく過去へと戻る。 殺害時刻の直前に戻れるなら、阻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『暗い鏡の中に』

本格ミステリを読んだ! 久々にそんな気分にさせてくれる本だった。 文庫で300ページ足らずなのに、この充足感はなんだろう? すばらしい。 分身現象による殺人事件を題材にした作品で、人の強い念だか何かによって現われた分身が殺人を犯すというストーリーなのだが、私としてはそんな超常現象で事件が片づけられてしまっては困る、真犯人がいるは…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『夜の真義を』

いつのまにか夜風に秋の気配が漂ってきましたね。 かき氷を食べぬうちに今年もまた夏が終わりそうです。 さて、『夜の真義を』読みました。 600ページもの大作で、何日も何日もかかってしまいましたが、ひいこらしながら読んだ甲斐がありました。 ものすごくおもしろかったです。 夜の真義を The Meaning of Ni…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『犯罪』わたしも読んだ~

たった今、読了。 みなさんが褒めていたように、おもしろかった! リンゴのことは、あらためてまえの記事を読み返すまで気づかなかったけど…… どれもすばらしかったけど、とりわけ気に入った作品は、最後に収録された「エチオピアの男」。 ほんとによかったなとしみじみ思いました。 こういう心地よい読後感の短編はいいものですね。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『眺めのいいヘマ』

コージーはほっとひと息つける感じが好きなんだけど、シリーズものばかりだから、既刊本を読破してないと最新作を読めないのが、ちょっとね~。 それにシリーズが進むにつれて、どんどん登場人物が増えて、この人誰だっけ、どんな性格だっけ、と思いだすのに必死で、純粋にストーリーを楽しめないのよね……。 などとお嘆きのあなた! 『眺めのいいヘマ』を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『生、なお恐るべし』

保安官と西部の話が好きだから、これはいいかもと読みはじめた。実際に登場するのは保安官補とカナダだけど。 少し読んで、麻薬取引とそれに絡んで人がバンバン殺される話か? と、やや引き気味になる。 けど、引く必要なんてぜんぜんなかった! 生活のためにやむなく運び屋をやっている五十代のハントの枯れ具合が絶妙だから。いや、枯れてると言っ…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

『ピザマンの事件簿2 犯人捜しはつらいよ』

台風が去ったと思ったら、七月だというのに肌寒いですね。 夏風邪はやっかいなので体調を崩さないようにしないと…… ピザマン・シリーズの第二弾を読みました。 一作目もおもしろかったけど、今回はさらにほのぼのしていてよかったです。 『ピザマンの事件簿2 犯人捜しはつらいよ』 L・T・フォークス作 鈴木恵訳 ヴィレッジ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『死角 オーバールック』

こんにちは。小林さゆりです。 こう毎日暑いと関東地方も梅雨明けした気がしてしまいますが、まだですよね。 ネットで評判になっているけれど個人的にあまりおもしろくなかったなという本が続いたので、記事を書けずにいました。 毎週書くぞと、ひそかに意気込んでいたというのに…… さて、マイクル・コナリーのボッシュ・シリーズ最新作『死…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『犯罪』

『犯罪』フェルディナント・フォン・シーラッハ著、酒寄進一・訳(東京創元社) 【あらすじ】  短篇集です。  詳しくはここ→http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/20110627/1309160269 とか。  もっと詳しくは→http://d.hatena.ne.jp/honyakumys…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

『アンダー・ザ・ドーム』キング初心者が読みました

「モダンホラーの帝王」の異名を持つスティーヴン・キングの作品は、ミステリ好きの友人たちによく勧められたし、三つ上の姉の本棚にも並んでいました。 ところが、超がつくほど怖がりで、その昔「アフタヌーンショー」の夏休み恒例コーナーだった心霊現象再現ドラマを座布団の端から見ては夜ひとりでトイレに行けなくなっていた小心者。 大人になっ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

例会でお祝い

例会で祝っていただきました。 ふたりの名前が並んで、まるで結婚祝いのようなケーキ。いや、年齢を考えれば銀婚式か!? いえいえ、『古書の来歴』の翻訳ミステリー大賞受賞のお祝いです。 会場は、小説の舞台にちなんでクロアチア料理のレストラン、京橋のDobro。 クロアチアの家庭料理の酸味のきいたロールキャベルは癖になり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

わたしも読んだ! 『二流小説家』

こんにちは。 ただ今読了。 読み応えがありました。 主人公が複数のペンネームでいろいろなジャンル小説を書いていて、 その一部も盛り込まれているのだけれど、かなりベタな内容にけっこう惹きこまれてしまいました。 シビリン・ロリンド‐ゴールド名義のヴァンパイアものがよかったな~。 つづきが読みたい。 ところで、本作の…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

『いたって明解な殺人』

こんにちは。 当ブログの一員、小林さゆりです。 ときどきコメントはしていましたが、はじめて記事を書きます。 シンジケートの三月度の七福神で取り上げられていたので読んでみました。 『いたって明解な殺人』 A VERY SIMPLE CRIME グラント・ジャーキンス 二宮馨訳 新潮文庫 異常に嫉妬深い妻の目を盗…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

『二流小説家』

『二流小説家』デイヴィッド・ゴードン著、青木千鶴・訳(ハヤカワ・ポケットミステリ) 【あらすじ】  冴えない中年作家のハリー・ブロックは、ミステリやSF、パラノーマルロマンスなどを書くことで糊口をしのいでいる。一時は“アバズレ調教師”としてポルノ雑誌に寄稿していたことも。  あるとき、そのポルノ時代のファンであるという獄中の連…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『時の地図』

これスゴイ! まずは翻訳。リズムといい、語彙の豊さといい、こんな文章書いてみたいと思い切り憧れてしまった! 原文はどうなってるのか確かめてみたかったけど、スペイン語ではね……。 もちろん肝心の中身だって、作家の想像力、構成力を強烈に見せつけられた。 これはロマンス小説? それとも、SF? あ、でも、やっぱり違うよね、と思ったら、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合評『陸軍士官学校の死』

【あらすじ】 ウエストポイント陸軍士官学校で、候補生がひとり命を落とす事件が起こる。この事件を捜査すべく、校長のセアー大佐に呼びだされたのは引退した警官のガス・ランダー。そしてランダーが捜査の協力者として選んだのは同校の一年生、若きエドガー・アラン・ポオだった。 ※「編集」の際には、アフィリエイトの直前を改行してコメントを入れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合評『フランキー・マシーンの冬』

【あらすじ】 フランク・マシアーノは62歳の元殺し屋。マフィアの世界から足を洗い、地元サンディエゴで“餌屋のフランク”として働きつつ、元妻と娘と恋人のあいだを行ったり来たり。“紳士の時間”にはサーフィンを。だがある日、何者かの罠によって命を狙われはじめる。 ※「編集」の際には、アフィリエイトの直前を改行してコメントを入れてくださ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

合評『卵をめぐる祖父の戦争』

【あらすじ】 17歳のレフはほんの出来心の軽犯罪から刑務所に放りこまれ、翌朝には銃殺か、という危機に陥る。ところが翌日、軍隊を脱走した罪で同じく放りこまれた青年兵コーリャとともに、ロシア軍大佐のもとに呼ばれ、大佐の娘の結婚式のために卵を1ダース調達してくれば無罪放免、と言い渡される。しかしドイツの包囲下、飢餓の街と化したピーテル(レニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合評『古書の来歴』

【あらすじ】 長いあいだ行方の知れなかった稀覯本「サラエボ・ハガダー」が発見され、古書修復の専門家ハンナ・ヒースがオーストラリアからサラエボに飛ぶ。本から発見された蝶の羽、ワインの染み、塩分などを呼び水に、本の謎が徐々に解かれてゆく。 ※「編集」の際には、アフィリエイトの直前を改行してコメントを入れてください。「編集」ができない…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more